環境づくりも行おう | ペットの関節炎を効果的に治療したいときはリマダイルが役に立ちます

環境づくりも行おう

ピンク色の薬

リマダイルには鎮痛作用だけでなく、消炎作用も含まれているので、ペットの関節に起きている炎症を抑える働きも期待できます。
鎮痛作用と消炎作用、二つの作用で効果的にペットの関節炎を和らげてあげることができますが、リマダイルの効果に頼るだけでは効果的なケアとはいえません。
リマダイルで炎症を抑えるだけでは足りない部分も多く、ペットが関節炎になってしまったのに今までどおりの環境では症状を悪化させてしまう可能性もあります。
確実に治療をするためにも、リマダイルの効果に頼るだけではなく、ペットが生活している環境を整えて、症状が悪化しにくい状態にしてあげましょう。

現在の日本ではフローリングの床が主流になってきていますが、フローリングは滑りやすく関節に負担をかけてしまいがちです。
そのため、自宅の床がフローリングの場合や絨毯やコルクマットを敷いてあげたり、滑り止め効果があるコーティング剤を使ってフロアコーティングをして滑りにくい環境にしてあげましょう。
特にフロアコーティングは滑り止め効果が得られるだけでなく、汚れや傷もつきにくくなるため、飼い主さんにとっても嬉しい効果があるといえます。
また、高齢になるにつれて、ちょっとした段差などが関節に負担をかけてしまう原因になる場合もあるので、できるだけ段差を減らしてあげるのも有効です。
ペットが毎日を過ごす環境の影響は大きいので、ペットが関節炎になってしまったときはリマダイルを使用するだけでなく、環境もしっかり見直して快適に過ごせるようにしてあげましょう!